欠陥住宅をつくらない住宅設計者の会

http://www.kekkann.e-arc.jp/

お問い合わせ
電話無料相談
弁護士のひと言
会員設計事例紹介
  • リンク
  • NPO法人住まいのホームドクター/設計者の会
  • 欠陥住宅被害東海ネット
  • 高森台県有地の活用を提案する市民の会
  • アクセスカウント

熊本地震で被災された皆様に、心からお見舞い申しあげます。

熊本地震発生から2ヶ月が経ちました。この2か月間で震度1以上の余震の発生は1700回以上となりました。かつて私たちが経験したことのない震度7が2回という地震となり、今後も、震度5強以上の余震の発生が予想されます。

2ヶ月経った今でも、6400人の方が、避難所暮らし、7500棟余りの全壊、22000棟余りの半壊、住宅被害は13万棟にもなります。建築設計に携わる私たちは、現地の求めに応じ今すぐにでも、お手伝いに行きたいという気持ちがありますが、現地に行ったところで、宿泊や食事、交通手段などのことを考えると、かえって迷惑なのではないかとか考えてしまい、なかなか最初の一歩が踏み出せません。建築技術者として何かできることがあるのではないかと考えるうちに早2か月が過ぎてしまいました。

新聞によれば、地方自治体の建築関係者(職員)は、派遣されているようですが、災害派遣制度が民間にも開放されるシステムがあれば、退職した建築士、年金暮らしの建築士、志のある建築士などが、応急度判定、補修方法の相談などで応援できるのに残念だなーと感じます。災害が起こるたびに、建築士だけでなく保育関係者、教育関係者など、高齢だがまだまだ元気で、活躍できる専門家・職人のボランティアを派遣する制度の整備を強く感じます。

被災者の皆様、まだまだ、余震が続き、困難さが残っていますが、心を強く持って、頑張ってください。

お知らせ

告知

建築士と弁護士による欠陥住宅予防セミナー&無料相談会を開催いたします。

熊本地震では多くの建物に被害がでました。また、法律で求められている強度を有している建物が倒壊した事実も判明しました。どうしてこのようなことがおこったのでしょう。その理由を含め、安全な建物とするにはどのようにすればよいか、建築士が説明いたします。

日 時 平成28年7月9日(土)
    セミナー:午後2時
    相談会 :午後3時30分
場 所 名古屋都市センター
費 用 セミナー資料代として、お一人1,000円

告知

今年も「欠陥住宅110番」が行われます。この110番は、弁護士・建築士などで構成する「欠陥住宅全国ネット」が主催し、今年で15回目となる全国規模の一斉無料電話相談です。対象となる相談は、欠陥住宅被害、リフォーム被害、契約前或いは建物完成前における契約トラブル・欠陥住宅被害予防等に関する相談です。弁護士と建築士がペアで相談にのります。

相談日時 平成28年7月2日(土)午前10時~午後4時
相談方法 電話
電話番号 0570-044-110
全国統一電話番号(ナビダイヤル)
相談費用 無料(電話料金は相談者負担)

建築士のひと言

建築士のひと言に熊本地震と耐震基準の記事を追加いたしました。

建築士のひと言

建築士のひと言にブロックの擁壁の怖さの記事を追加いたしました。

活動レポート

活動レポートに暮らしいきいき消費生活講座が開催されましたの記事を追加いたしました。

活動レポート

活動レポートに欠陥住宅無料相談会を開催しましたの記事を追加いたしました。